家族旅行で有馬温泉へ

学生時代に大阪に住んでいたので、何度か有馬温泉に行きました。有馬温泉は神戸市にありますが、大阪から阪急バスで1時間ほどで行くことができ、とても便利です。ちなみに私のおすすめは、JRで芦屋駅から出ている阪急の路線バスで有馬温泉まで行くルートです。このバスは、六甲山の山道を走るルートなので、景色がとても綺麗です。特に紅葉の季節に行くと最高です。

有馬の湯は金色の湯でぬめっとしていて体が芯から温まりまり気持ちよいです。私が宿泊したのは「かんぽの宿」でしたが、まだ新しいのかとても清潔でした。料理も公共の宿とは思えないくらい豪華でした。神戸牛や瀬戸内海に近いためか魚もおいしかったです。ここはまた来たい、と思いました。

温泉に来ると温泉街をぶらぶらするのも、楽しみの1つですが、有馬の温泉街はコンパクトにまとまっていることと、温泉街とは思えないような店がたくさんあることだと思います。おしゃれなパン屋さんやカフェ、レストランなどがあって温泉街という感じがしません。これも神戸に近いからでしょうか。

大阪や神戸の都会から、一山越えただけでこれだけの温泉と自然が味わえる場所は、日本中どこを探してもないんじゃないでしょうか。

贅沢旅行でした

もう8年前になりますでしょうか、大学の同窓の友人と、兵庫県の有馬温泉と神戸へ2泊3日の旅行へ行きました。卒業以来、彼女と2人で旅行するのは初めてだったので、いつもは組まないような若い女性向けの旅程を組んで、新鮮で楽しい旅行となりました。

初日は午前中のうちに東京駅で新幹線に乗り、まずは六甲山ケーブルとロープウェイに乗りました。思いがけず広大な六甲山系の景色を楽しみながら、この日の宿がある有馬温泉へ向かいました。山深い場所にありながら結構な市街地で、その中できちんと温泉街の形を保っている事が面白いなあと思いました。泊まったのは純和風の旅館竹取亭円山、贅沢にも露天風呂付きの特別室に泊まりました。お部屋の露天や大浴場は金泉と呼ばれる茶褐色の湯でとても温まりました。館内だけではあきたらず、付属施設の康貴にも行き(送迎が出ています)しっかり浸かってきました。サービス・料理も申し分なく、有馬に行った際はまた利用したいです。

翌日は神戸電鉄で市街地まで出て、北野異人館街を観光しました。色々な洋館が見学できるだけでなく、雑貨店やお洒落なレストラン・カフェもたくさんあり、1日かけてたっぷり堪能しました。この日は三ノ宮のホテルに宿泊しました。

最終日は三ノ宮駅周辺で、買い物と神戸スイーツを堪能。友人はこのカフェ巡りを楽しみにしていて色々調べており、何箇所も美味しいお店に連れていってもらいました。特にデンマークチーズケーキに出会えたのは大きかったです。とても美味しく、今でもたまにお取り寄せしています。

街遊びも観光も温泉も楽しめる神戸旅。そろそろ、また行きたくなってきています。

私の結婚前に父の発案で有馬へ

今年の秋に私が今年結婚してしまうと言うことで最後の家族旅行をしようと父の発案で有馬温泉古泉閣に行きました。私はもう日本を来年には出てしまわないといけないので父の考えはとても伝わってきました。有馬温泉は日本の温泉観光地の中でも高級な方に入るために私達家族も小さな頃に一度行ったことがあるくらいなのですが、それだけ父は私に思いがあったのでしょうか。

温泉に着くなりに近くのワンちゃんがいる小さな動物園に連れて行ってくれました。そこは昔私が子供の頃とても喜んだところだと父が教えてくれました。私がワンちゃんと写真をいっしょに撮ると父も一緒にその写真に入りたがって少しそんな父が可愛かったです。そして温泉に戻り、ご飯を食べる前に温泉に行こうとなりました。この時期は紅葉が綺麗でその紅葉の見える温泉に入りました。母と私、父と弟で入ったのですが母は私に父がどれだけ寂しいかと一生懸命に話をしていました。

私も母の気持ちは分かりました。温泉は本当に有名なだけあってすごくよかったです。お食事は旬のものを使った懐石がいっぱいでお腹いっぱいでした。料理のクオリティも最高だと思いました。

また、温泉に入りふかふかのお布団で寝ようと思ったら父が入って来ました。笑
最後だから娘の横で寝たいと子供の様な父に少し切ない気持ちになりました。

朝も温泉が男湯女湯が逆になっているのでそこに入って紅葉を楽しみみんなで帰りました。少し離れてしまうけど次は親を私が連れて行ってあげたいなと思いました。